中途採用で内定辞退されないために気をつけたい、7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キャリア・アプローチ 齋藤広幸

From: 齋藤 広幸

キャリア・アプローチの齋藤です。

今回は、なぜ内定辞退はおこるのか、
についてお話します。


なかなか応募者が集まらないなかで、
ようやく採用したい人が現れ、
相手も入社の意欲・意思を示していたら、
期待が膨らむのは当然でしょう。

でもそんな応募者が内定前に、
あるいは入社前に辞退を申し出てきたら、
ショックは大きい。

せっかく、時間とお金をかけて行ってきた
採用活動がまた振り出しに戻る。

そんな苦い経験をしてきた経営者や
人事担当者は多いと思います。

そんな嫌な思いは
二度としたくありませんよね。

じゃあ、どうすれば良いか。

中途採用で内定辞退されないために気をつけたい、7つのポイント

中途採用で内定辞退されないために気をつけたい、7つのポイント

1.求人内容に嘘が無い

私が求職者が辞退したり退職した際、
最も多く相談を受けたのが、
求人内容と採用条件や仕事内容が
異なることです。

特に注意しないといけないのは、
初回の面接にも関わらず、
異なる職種や勤務地を提案すること。

これはNGです。

なぜなら、
求職者は散々悩んだ結果、
求人内容を自分のなかで消化して
応募してきているのです。

2.会話は50:50

求職者を質問責めにして
散々しゃべらせておいて
会社の説明はあまりない。

またその逆で、
自社の話を一方的にしゃべっておいて、
求職者のことはあまり聞かず
関心がないかのような振舞いをする。

求職者は面接の時は普段より数倍、
敏感になってます。

3.疑問点の解消

求職者は求人票やホームページなどの
情報以外は分からないことばかりです。

人間は分からない、知らない世界に
足を踏み入れるのは不安です。

疑問点や不安を取り除いてあげないと、
入社前に突然辞退なんてことにも
なりかねないでしょう。

4.会社の雰囲気

求職者が最も気になる
入社条件の一つでもあります。

初めて見る会社の中。

そこで働く人たちにとっては
毎日いる慣れた場所であっても、
求職者は初めて見るのです。

仕事中に無駄話や高笑いして騒々しい、
また逆に挨拶一つなく社内の雰囲気が暗い。

社員が喫煙所で会社の愚痴や
お客さんの悪口を言ってたり。

こんな事で面接前の印象が
180度変わることは案外多いものです。

5.会社の自虐ネタ

面接官が面接の場を和まそうとか、
求職者をリラックスさせようとするあまり、
会社の愚痴に近い話を
笑いを交えてしゃべって失敗することは
よくあります。

求職者は真剣に面接に臨んでいます。
真摯な姿勢でこちらも対応しましょう。

6.気持ちの変化をつかむ

面接を2回、3回行うのは、別の担当者に
会わせるということもありますが、
求職者の気持ちの変化がないか、
チェックする意味もあります。

他に検討してる会社が出てきていないか、
入社に関して不安が募っていないか、
家族から反対されていないか。

それをチェックするためにも、最低一人は
毎回同じ面接官が入ることも大切です。

これは求職者を安心させる効果もあります。

7.内定の書類

口頭だけで条件を伝えてというのは
不安を通り越して、不信感が募ります。

これでは家族にも説明できません。

労働条件通知書、内定通知書を提示し、
それと引き換えに本人からは入社承諾書に
サインをもらっておきましょう。

採用活動を上手くやっている会社は、
こういったことを
当たり前のようにやってますが、

その一方で、案外、無計画、無意識な募集、
面接をしてる会社は多いと思われます。

まとめ


採用活動ではおさえるべきポイントは
確実におさえることが大切
です。

セオリーをふまえた対応をして、
内定者にスムーズに入社してもらいましょう。

ニュースレターにご登録ください。


大阪の新卒・中途・アルバイト採用に関するお役立ち情報や大阪採用支援ドットコムの更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。
*メールアドレス


人気の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*