『採用基準』/伊賀 泰代 (著)を読んで、リーダーシップについて考えてみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『採用基準』を読んで、リーダーシップについて考えてみる。

元マッキンゼーの人事マネージャーの
伊賀泰代さんという方が書かれた「採用基準」という
本があります。

これはオフィスの書棚にあったので
タイトルにひかれて読みはじめました。



最初は、
「そもそも視点がマッキンゼーだし、なんて採用に応用が効かない本だ!」
と思ったのですが、読み進めるにつれ、、、

主に外資系企業で求められる
「リーダーシップがいかに重要か」
という本だとわかると
そういう本としては納得です。

うちの会社でもリクルートの
DNAが入っていることもあって
リーダーは一人ではなく、
すべてのメンバーがリーダーシップを発揮することを
求められます。

ところが、多くの日本の会社では、
実際のところ、リーダーシップは
リーダーだけが発揮して、
後のメンバーは、支持されたとおりに
「素直に聞き分けよく」従うことが
良しとされているような気がします。

これは、これから企業社会に入ってくる
学生さんの認識としても
そんなに変わらないと思います。

ぼくが新卒でお世話に
なった会社はどちらかというと
「日本の保守的な会社」でした。

もちろん、当時のぼくがそのように
感じていただけかもしれません。

結局、その会社の良さ、なんてものは、
後になって、いろいろな企業風土を
経験してからじゃないとわからないものですね。


ただ、ひとつ思い出したのは、
新入社員研修で
「研修プログラムを作って売る」
というグループワークが
あったのですが、

その中でリーダーシップを強化する
プログラムを入れると主張した
ぼくのアイディアについて
すべからく、他のメンバーは
チンプンカンプンで、
そんなもの必要ないという
顔をしていたような気がします。

もちろん、氷河期だったぼくの
世代と今とでは違うのでしょうが、
やはり「日本的な」会社では、
リーダーはひとり、その他はフォロワーという役割の固定
起こっていることが多いのではないでしょうか。

そして、ここを抜け出すことが
今後、柔軟に生き残る会社の
条件
になってくると思うわけです。

リーダーシップはあるし、優秀だが
「使いこなす」のが難しい人材は、
自分が採用したいと思っても
なかなか上長がうんと言ってくれない、
という悩みも、人事担当者にはありますね。

ニュースレターにご登録ください。


大阪の新卒・中途・アルバイト採用に関するお役立ち情報や大阪採用支援ドットコムの更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。
*メールアドレス


人気の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*