学生の就職ナビのメールボックスを覗いてみると?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
学生の就職ナビのメールボックスを覗いてみると?

マーケティングの世界では
お客様の立場や気持ちで考えることが
基本中の基本
なのですが、

人事採用においては、これがなかなか
できていないことが多いと思われます。

例えば、リクナビやマイナビ等のいわゆる
「就職ナビ」を使う場合はどうでしょうか?

受け手の学生さんの立場でメッセージを送れていますか?

これは新卒採用にあたりますが、
学生たちはリクナビやマイナビなどの
「就職ナビ」に会員登録をすると、
興味のある企業から情報を送って
もらえるように「エントリー」という
行為をします。

マーケティングで言えば、
「エントリー」してくれた学生さんは
「見込客」にあたります。

そして、学生たちのメールボックスや、
「ナビ」の「マイページ」に多くの企業から
メッセージが届き始めるわけです。

メッセージが読まれていると思うな

多くの学生たちは少なくとも30社ぐらいは
説明会に足を運びますから、
50社から100社にエントリーするのは
当たり前。

当然ながら、学生たちのメールボックスや
マイページはエントリーした企業からの
メールでいっぱいになる
わけです。

学生たちの目からはメッセージの
件名だけが並んでいる状況です。

メッセージを開封して
読んでもらうのも難しい
のです。

にもかかわらず、ほとんどの企業は
似たり寄ったりの件名で
似たり寄ったりの内容の
メッセージを送っているだけ。

これではそもそもメッセージは
読まれないし、説明会にも学生が
来てくれるわけがないのです。

ナビの管理画面でメッセージの
開封率やリンクをクリックされた
数字をチェックしながら、
学生たちに読んでもらえる
メッセージを書かなければ
なりません。


メールマガジンの世界なら15年前から
行われていることが人事採用の世界では
昔ながらの状況が変わっていない。

ほんの少しの工夫をするだけでも
差別化ができるのに
もったいないものです。

ニュースレターにご登録ください。


大阪の新卒・中途・アルバイト採用に関するお役立ち情報や大阪採用支援ドットコムの更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。
*メールアドレス


人気の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*