Q & A 『自律自走型人材』ってどんな人材でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自律自走型人材

先日、「自律自走型人材の育て方」に
ついての人事セミナーのご案内を
送らせていただいた時に、
いくつかの企業様から、

「『自律自走型人材』って
 どんな人材ですか?」


というお問い合わせをいただいたので、
お答えしますね。

「自律」というのは、「自立」よりも
上位の概念ですね。

『大辞林』によると、

「他からの支配や助力を受けず、自分の行動を
 自分の立てた規律に従って正しく規制すること。」


となっています。


そして、さらに自走型ですから、
自分で走ることができるわけです。


つまり、『自立自走型人材』とは、

最終的なゴールとしての目的目標や
ミッションを与えたら、あれやこれや
指示をしたり、教えたり、
モチベーションを上げてあげたり、
などということをしなくても、

自らミッション達成に向けて戦略を練り、
必要なリソースを集め、勉強もし、
モチベーションも自分であげて、
ひたすら行動して、目標を達成する、
そのような人材のことなんですね。



そのような人材がいたら、
あなたの会社はどなるでしょうか?


例えば、売り上げは黙っていても
上がっていきますね。

もちろん、組織も活性化します。


では、そのような人材が
組織のリーダーだったら?

組織はみるみる成長しますね。


「そんなこと言っても、
 そんな人材を育てることなんて
 できるんですか?」

という質問が飛んできそうですが、
それができるんです。


実は、「目標達成」「ミッション達成」は
「スキル」なんです。


「スキル」というのは、
訓練すれば身に付くものの事をいいます。

ですから、だれでも訓練すれば、
自分で「目標達成」「ミッション達成」
できる『自律自走型人材』に育てることが
できるのです。



実際、弊社代表取締役の河村は、
昨年度はグループ会社の会長として
グループ会社の方をメインに
見ていたのですが、

今年4月から日本データビジョンの
社長になり、4月入社の新入社員に
この方法を直接教えはじめました。


そうすると、今年の新入社員の方が
目に見えて、去年入社の社員よりも
行動量が多いし、
数字も出ているのだそうです。


正しい育成方法を採り入れて
多くの『自律自走型人材』を
育てていきたいものですね。

ニュースレターにご登録ください。


大阪の新卒・中途・アルバイト採用に関するお役立ち情報や大阪採用支援ドットコムの更新情報をお届けします。 確実にメールを受け取れるメールアドレスを入力して「ニュースレターを受け取る」をクリックしてください。
*メールアドレス


人気の記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*