内定者フォロー

内定者が満足する内定者フォローができていますか?

内定者が満足する内定者フォローができていますか?

12月に入り、
一般的に10月1日に行われる内定から
2ヶ月が経ちました。

この時期の採用担当者というと、
次年度の新卒採用に取り組みながら
内定者フォローも同時に行う、
という状況だと思います。

内定者フォローの目的はいくつかありますが
大きく分けて以下の4つにまとめられます。

  1. 内定辞退をなくす
  2. 入社前教育を行う
  3. 同期意識を強化する
  4. 入社への期待感を上げる

1.内定辞退をなくす

これは言わずもがなですね。
特に、2016採用ではない内定期間が
長期化しており、特にこの目的が
重要になっています。

実際のところ、
8月以降、多くの内定辞退が発生しました。

内定者の事態をなくすために
重要なポイントは
マーケティングや営業と同じで
非常にシンプルです。

そう、できるだけ多くの回数、
内定者に接触するということです。

そして、そのために内定者懇親会や
工場見学、内定者SNSのやEラーニングなど
さまざまなツールを使うことになるのです。

2.入社前教育を行う

最近では、新入社員研修と一体のものとして
内定者教育をとらえている企業も
多いようです。

内定者教育では、
業界や会社の理解、
マナーや基礎的知識の習得などを
目指すことが多いようです。

Eラーニングや冊子型のテキストを
使うことが考えられますね。

卒業研究や卒論にとりくむ内定者もいますので
あまり負担がかかりすぎない形の
内定者教育が望ましいでしょう。

3.同期意識を強化する

入社前から同期との人間関係が
できあがっていれば、
入社後の新入社員研修もスムーズに
進みます。

また、仲間ができることで、
内定者辞退や早期退職もへるので
同期意識の強化はとても重要です。

ツールとしては内定者懇親会や
勉強会、内定者SNS等を用います。

4.入社への期待感を上げる

会社についての情報を十分に知らないことが
入社意欲の低下につながるようです。

内定者SNSや社内報の送付等で
会社についての情報を十分に与え
会社の「内輪」であるとの認識を
もってもらいましょう。

そうすることで、入社への期待感も上がり、
逆に内定辞退の可能性が下がるのです。

内定者フォローで受けたいフォローと受けたフォローのギャップとは?

内定者フォローで受けたいフォローと受けたフォローのギャップとは?

このように、内定者フォローのために
さまざまな施策・ツールが使われますが、

実際のところ、
受けたいフォローと受けたフォローには
ギャップが存在します。

例えば、
内定者懇親会
先輩社員との懇親会
勉強会・グループワーク・研修
e-learning形式の通信教育
などの項目では、

内定者フォローとして十分に
行われているとは言えないようです。

内定者フォローに対する
内定者のウォンツを上手に組みながら
内定者フォローを進めていきたいものですね。

正直者がバカを見た2016新卒採用

正直者がバカを見た2016新卒採用

もう、世の中の誰もが
うすうす気づいているとは思いますが、

選考の解禁が4カ月後ろ倒しとなり
「8月解禁」となった2016卒の新卒採用は

「正直者がバカを見た」としか
言いようがない結果に終わっています。

この「正直者」というのは、
学生側と企業側と双方に当てはまるのです。

続きを読む

人事セミナー【無料プレゼント】大番狂わせの2016新卒採用中間総括と2017採用の展望

人事セミナー【無料プレゼント】大番狂わせの2016新卒採用中間総括と2017採用の展望

9月に入り、10月1日の内定式は
刻一刻と迫っていますが、すでに世間では
2016新卒採用の結果がある程度
明確になってきています。

そこで、先日の人事セミナーで
弊社代表取締役 河村 直人が

「大番狂わせの2016新卒採用中間総括と2017採用の展望」

についてお話しましたので、
その内容を動画でシェアしたいと思います。
続きを読む